×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トヨタ:WiLL サイファ中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  WiLL サイファ中古車総合情報

 トヨタ:WiLL サイファの概要♪


WiLLブランドの自動車第3弾として発売され、2000年・2001年に登場したWiLL ViやWiLL VSとは異なるコンセプトで2002年8月に発売された5人乗りのハッチバック型自動車である。

プラットフォームを初代ヴィッツと共有する。エンジンは前輪駆動(FF)が2NZ-FE型 1.3L 、四輪駆動(4WD)が1NZ-FE型 1.5L、共に直列4気筒エンジンを採用し、トランスミッションは4速ATである。

ネットワーク社会とクルマが融合する「サイバーカプセル」がテーマ。広告キャッチコピーは「育てるクルマ」(CMのナレーションでは「自分以上に育てるクルマ」と言っていた)。

この車種はトヨタで初めて車載情報通信サービスの「G-BOOK」に対応しており、対応車載機(カーナビゲーションシステム)を標準装備していた。

また、この車種限定の斬新なカーリースプランが用意されていた。車の走行距離に応じてリース料金が課金されるという従量制プランであった。携帯電話のように、基本料金+走行距離従量制料金が月額リース料金として請求され、その走行距離は搭載されているG-BOOK端末から送信される走行距離情報で計算されるというものだった。しかし、利用客は予想より多かったものの利用客の走行距離が想定していたよりも短かったため、採算割れになることから2003年7月で取り扱い終了となった。

やがて2004年4月のビスタ店の統合、6月にはカローラ店に同じクラスのパッソの登場、さらには2005年2月のヴィッツのフルモデルチェンジしたことで、WiLLプロジェクト終了と同時にヴィッツに統合される形で生産・販売終了となった。

トヨタカローラ店とネッツ店(旧トヨタビスタ店)で取り扱われていた。

参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ