×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トヨタ:アベンシス ワゴン中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  アベンシス ワゴン中古車総合情報

 トヨタ:アベンシス ワゴンの概要♪


初代(T220型)(1997年 - 2003年)
欧州に於いて販売されていたカリーナEの後継として1997年に発売された。

なお、ステーションワゴン仕様は日本国内では2代目カルディナとして販売された。


2代目(T250型)(2003年 - 2008年)
先代モデルは、カリーナE(日本名コロナの欧州仕様車)の後継車として欧州専売(但し、ワゴンは当時のカルディナの姉妹車)であった。現行モデルは2002年12月のボローニャモーターショーで発表され、翌2003年から発売開始。同年10月には日本でもUK工場からの輸入販売が開始された。 日本ではビスタの後継モデルとして位置付けられ、旧ビスタ店(現在はネッツ店)で発売されたが、型式的にはビスタとの関連性はなく、コロナやカルディナの流れを汲んだ車であると言える。

欧州ではセダン、ステーションワゴン、5ドアリフトバックの設定がある。

レクサス店の開業によりアリストとアルテッツァが消えた事に伴い、かつてアベンシスはネッツ店取扱車種としては唯一の4ドアセダンおよびステーションワゴンであった。 さらに、アベンシスワゴンはトヨタの国内ラインナップの中で新車で買える唯一の3ナンバーステーションワゴンでもあった。

日本では1AZ-FSE 2000ccエンジンを前輪あるいは4輪で駆動するセダン、ステーションワゴンを販売(2005年9月29日の一部改良からは2400ccの2AZ-FSE搭載車も追加)。

他のトヨタ車に設定されている寒冷地仕様は標準となっている。

2006年5月のマドリードモーターショーでフェイスリフト版が発表され、英国では7月1日から発売が開始された。7月31日には日本でもマイナーチェンジが行われた。

欧州向けモデルにはコモンレール方式のディーゼルエンジン(2AD-FHV)が設定され、高い評価を受けており欧州では販売台数の半分近い車両がディーゼルと言われている。

2008年12月にカタログ落ちのため国内での新車販売を終了。事実上、ネッツ店扱いのセダンとステーションワゴンは消滅した。

参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ