×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トヨタ:カローラ スパシオ中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  カローラ スパシオ中古車総合情報

 トヨタ:カローラ スパシオの概要♪


初代(E110N型、1997年-2001年)
1997年1月、カローラのコンパクトサイズ乗用型ミニバンとして登場した。2列シートの4人乗り(2-0-2レイアウト)と、3列シート(2-2-2レイアウト)の6人乗りが設定され、エンジンは4A-FE型1600cc(FF)と7A-FE型1800cc(4WD)がラインナップされた。デザインは雲形定規のような曲面主体のもので、他のカローラのバリエーションとは違った風貌であった。内装ではスピードメーターがスペースビジョンメーター(虚像式デジタルメーター)であり、当時のカローラ系では唯一の採用であった。 コンセプト企画、エクステリアデザイン、インテリアデザイン、設計、製造とも、関東自動車工業が行ったモデルである。全車岩手工場製。

1997年7月15日、2列シートの5人乗り(2-3レイアウト)追加。

1998年4月、一部改良。

1999年4月、デザイン重視にマイナーチェンジが行われた。別置型タコメーターとボディカラー同色のエアロキットを装備したスポーティ仕様のエアロツアラーを追加。


2代目(E120W型、2001年-2007年)
2001年5月、フルモデルチェンジ。先代モデルから打って変わり、重量感のあるデザインの3列シートの7人乗りとなった。エンジンのラインナップも1NZ-FE型1500ccと1ZZ-FE型1800ccの2種類がラインナップされた。先代では無理矢理に押し込めた感じのある2列目・3列目シートが中途半端となってしまったため、このモデルでは主に5人乗りとし、3列目シートは床下格納式の緊急用のような装備とした。全長・全幅は、同じエンジンを搭載するラウムとほぼ同寸である。同年7月23日には4WD車(1800ccのみ)も登場した。

2003年、マイナーチェンジ。主な変更点は、2列目シートのシート一体型アームレストにヘッドレストが追加され、タイヤの樹脂カバーのデザインを変更。ステアリングホイールが全て3スポークへ変更。Xを除く全グレードに黒木目調パネル装備し、それに伴って茶木目調パネルを廃止。フロントグリルもバンパー一体のカラードグリルになった。テールランプ枠内の意匠も変更。エンジンも改良された。また、最廉価グレードのVが廃止され全車にサイドプロテクションモールが標準装備となった。

2005年9月8日、一部改良。ディスチャージヘッドランプに光軸調整用のオートレベリング機構を採用し、またハロゲンヘッドランプには、マニュアルレベリング機構を採用したほか、ボディカラーにホワイトパールクリスタルシャイン(有料色)を追加した。

2007年6月、同じカローラ店では同じクラスのシエンタの存在もあり販売するには難があったためと同時にカローラシリーズのフルモデルチェンジで旧態化したため生産終了した。

参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ