×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トヨタ:キャバリエ中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  キャバリエ中古車総合情報

 トヨタ:キャバリエの概要♪


トヨタ・キャバリエ(Cavalier)は、トヨタ自動車が日本に輸入し販売した乗用車であり、ゼネラルモーターズの「シボレー・キャバリエ」のOEM車種である。セダンとクーペが日本に輸入された。背景には日米貿易摩擦があり、これを緩和する狙いがあったとされる。1996年1月に日本での輸入販売を開始し2000年7月に日本での輸入販売を終了した。

ベースとなったシボレー・キャバリエを日本国内向けに右ハンドルにし、またウインカーレバーを日本車と同じく右側に設置するなど、日本向けに変更が行われていた。

ベースモデルのシボレー・キャバリエと異なり全車に2400cc4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載する(ちなみにベースモデルのシボレー・キャバリエの場合はトップグレードの「Z24」のみ2400cc4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載。それ以外のグレードは2200cc〜2400cc4気筒OHVエンジンを搭載する)。

警察関係に捜査用覆面パトカーとして多数導入されていたが、リース期間終了と共に、殆どが海外に輸出されてしまい、現在日本国内で見かけることは殆ど無い。

日本での販売が開始された1996年当時、中古車市場において新古車が大量に発生した事も記憶に新しい。その為か当年式〜1年落ちでの新車販売価格からの値落ち率は最大で40%台にまで大きく落ち込む事も少なくなかった。

2000年3月にマイナーチェンジを実施。ヘッドランプが異形4灯式からマルチリフレクター異形2灯式に変更される。

タレントの所ジョージが、自身がトータルコンセプターを務める月刊誌内の企画でキャバリエをベースにしたカスタムカーを製作したことがあった。

参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ