×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トヨタ:グランビア中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  グランビア中古車総合情報

 トヨタ:グランビアの概要♪


1995年8月に発売。3ナンバー専用ボディーを持つ、トヨタのワンボックスカーでは初めてとなるフロントエンジン車であると同時に、当時のトヨタの最上級ミニバンであった。 広大な室内が特徴であったが、多くの部分を欧州向けハイエースと共用していた。そのため高額車であるにも関わらず、乗り心地が良くなく(特に4WD)内装がチープだったことなど、旧来のワンボックスカーたる、商用車の雰囲気を色濃く残していた。搭載エンジンは、2.7Lガソリン(3RZ-FE型)と3.0Lディーゼルターボ(1KZ-TE型)の2つが用意された。トランスミッションは全車4速AT。

1997年4月には、グランビアとドアパネルなどを共用し、5ナンバー枠に収めたハイエース・レジアスが登場した。同年9月にグランビアもマイナーチェンジを実施し、3.4L V型6気筒エンジン(5VZ-FE) に切り替えられ、3.0Lディーゼルターボ車もガソリンエンジンの変更と同時にインタークーラーが装着されパワーアップした物になった。同時に内装の充実や本革シートの装備など、豪華さを前面に押し出すようになる。

しかし、同年5月には日産・エルグランドが同クラスの車種としてデビューし、押し出し感のあるダイナミックなフロントマスクや、豪華で広大な室内などに加え、乗り心地やハンドリングも良好なことが評価され人気を集め、グランビアを遥かに凌ぐ売り上げ(月販1.5万台)を見せており、セールス面で苦戦していた。

思わぬ展開に危機感を持ったトヨタは、1999年8月のマイナーチェンジで姉妹車のレジアス共々、フロントマスクをけれん味の無いものから、エルグランドを強く意識した押し出しの強い顔立ちとし(写真の1枚目と2枚目を比較して貰えればわかり易い)、ステアリングホイールの形状変更や、ナビゲーションにDVD方式を採用するなどして商品力を向上させ、商用車風の雰囲気を完全に払拭した。

またこの時に、グランビアと基本部分を共通としながら、内外装をより豪華に仕立てたグランドハイエースと、レジアスをよりスポーティーな仕様としたツーリングハイエースを登場させ、この4車種でエルグランドに対抗したが、既存のハイエースシリーズ(特に東京トヨタではグランド/ツーリングハイエースを含めたハイエースシリーズに加え、同クラスのエスティマも取り扱う)も販売されており車種が混乱してしまった事で売り上げの増加に貢献することはなく、モデル末期までエルグランドに差をつけられたまま、2002年に4車種共に生産を終了してアルファードに統一した。

参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ