×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トヨタ:スプリンター シエロ中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  スプリンター シエロ中古車総合情報

 トヨタ:スプリンター シエロの概要♪


E80系スプリンター5ドアセダン(リフトバック)の後継車種でE90系(6代目)スプリンターの5ドアモデルにあたる。生産は豊田自動織機で行われ、販売はトヨタオート店(現ネッツ店)が担当していた。

機能をスタイリングに反映させたジウジアーロ色を前面に出したことで、T150系コロナ5ドアともども、日本市場では販売が振るわなかった先代の反省から、見栄えを気にするユーザー層にもアピールするスタイリングとし、イメージアップのためにサブネームも付けた。 欧州ではカローラ5ドアとして販売された。 オーストラリアではトヨタ・カローラセカ(Corolla Seca)として販売された。

グレードは1500L、1500G(後期型は1500Gサルーンに統合)、1500Xi(後期型はXsに変更)、1600GTの4種類でエンジンはすべて4気筒DOHC16バルブのガソリンエンジンを搭載する(搭載されるエンジンに関しては前期型の1500L、同じく前期型の1500Gは5A-F型、前期型の1500Xiおよび後期型の1500L、同じく後期型の1500Gサルーンは5A-FE型、後期型の1500Xsは5A-FHE型、前期型の1600GTは無鉛レギュラーガソリン仕様の4A-GE型、後期型の1600GTは無鉛プレミアムガソリン仕様の4A-GE型)。

  • 1987年5月 - デビュー。当初のカタログのキャッチコピーは、「シエロ、その名は遥かなる天空を意味する。」
  • 1988年5月 - 1500Gベースの、パワーウインドーとドアキー連動集中ドアロックを標準装備とした1500Gサルーンを追加。 
  • 1989年6月 - マイナーチェンジで後期型となり、同時にスプリンターセダン、トレノ(カリブは除く)も行われた。内容として、エンジンは全車EFIを搭載し、デザイン意匠変更はバンパーの大型化、フロントグリルをメッシュタイプから横桟タイプに変更、CIELOのエンブレムがグリル中央に移動。この時点で1500Gがカタログから消滅。カタログのキャッチコピーは、「センスが香る人のニューセダン。」
  • 1991年6月 - カローラ及びスプリンター系の7代目へのフルモデルチェンジを機に生産中止。1代限りでモデル廃止となった。
参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ