×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トヨタ:プレミオ中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  プレミオ中古車総合情報

 トヨタ:プレミオの概要♪


初代 T240型(2001年-2007年)
2001年12月25日発売。コロナ時代から数えて12代目にあたる。アリオンとの姉妹車であり、基本部分は共通となっているが、エクステリアは差別化され、スポーティで若々しいキャラクターのアリオンに対し、プレミオはエレガントで上級感のあるキャラクターを与えられている。価格は、アリオンとほぼ共通であるが、外観にサイドモールやメッキパーツ、リアフォグランプを使用しているため、アリオンよりも数万円高い。その車の性格故に姉妹車のアリオンと違いディーラーオプションなどでエアロパーツやローダウンスプリングなどのドレスアップ用アイテムが用意されないのがプレミオの大きな特徴となっている。姉妹車のアリオン同様、MT車の設定は無い。

プレミオのセールスポイントは、5ナンバーサイズでありながら、2001年当時としてはクラス最長の2,700mmのホイールベースを活かした広い室内である。特にリヤシートの足元のスペースは当時のクラウンクラス並であった。また、リヤシートはハッチバックやワゴンのように、ダブルフォールドで倒すことができ、トランクルームと後席をつなげて、フラットな荷室として使用できる。また、この機構を採用したことにより、このクラスのセダンでは珍しく、リヤシートのリクライニング機構を装備していた。

ベースとなったのは、V50型ビスタから採用されたFFミドルクラスプラットホームを改良したものだった。なお、この初代プレミオは2002年度のグッドデザイン賞を受賞している。

  • 2002年10月22日 1.5Fと1.8Xに「スタンダードパッケージ」を追加設定
  • 2003年4月2日 1.5Fと1.8Xに特別仕様車「Lパッケージ・リミテッド」を発売
  • 2004年12月20日 マイナーチェンジ
  • 2005年10月11日 1.5Fと1.8Xに特別仕様車「Lパッケージ・リミテッド」を発売
  • 2006年8月2日 1.5Fと1.8Xに特別仕様車「プライムセレクション」を発売

2代目 T260型(2007年-)
2007年6月4日発表、発売。コロナ時代から数えて13代目に当たる。先代モデル同様、5ナンバーサイズをキープ。基本的にスタイリングはキープコンセプトでこれまで通りエアロパーツは用意されないものの、今回のT260型プレミオではローダウンスプリングや17インチアルミホイールがディーラーオプションで用意される。

2008年1月8日にはバルブマチック対応の2.0Lエンジン「3ZR-FAE」を搭載するグレードを追加。また「1.5 F」「1.8 X」には法人向けに特化したグレード「ビジネスパッケージ」がそれぞれ追加された。

形式が「T240」から「T260」に飛んでいるのは、「T250」がアベンシスに振られているためである。

参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ