×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トヨタ:ライトエース中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  ライトエース中古車総合情報

 トヨタ:ライトエースの概要♪


初代 M10系(1970年〜1979年)

1970年、初代パブリカのキャブオーバー版であったミニエースの上位車種として、11月にまず3人乗りトラック(750kg積)が発売され(KM10系)、翌年1971年2月に3/6人乗りバンと9人乗りの乗用ワゴン仕様が加わる。

3K型エンジン、T系トランスミッション、サスペンション、リアアクスルハウジングなど、基本コンポーネンツを2代目パブリカ(P30系)と2代目カローラ(E20系)から流用しており、この手法はミニエースと同様で、次のライトエースでもカローラ(E30系)をベースとしている。

1973年9月 - バンに右側にスライドドアを備えた5ドア仕様・バンとワゴンにハイルーフ仕様を追加。

1975年11月 - 昭和50年度排ガス規制によりワゴンが廃止される。

1977年2月 - トラックに後輪ダブルタイヤのジャストローを追加。

1978年2月 - 後期型へマイナーチェンジを実施。ヘッドライトカバーをデザイン変更とフロントナンバープレート・T(トヨタのT)エンブレムの位置がセンターに移動。エンジンも1.3Lの4K型に変更でH-KM11型へ。

ダイハツ工業へデルタ750(セブンハーフ)としてトラックのみがOEM供給され、発売された。(エンジンはトヨタ製で1971年3月発売)


2代目 M20系(1979年〜1986年)

1979年10月 - 登場。キープコンセプトではあったが上級グレードに限りフロントディスクブレーキが装備されるなど、安全性などが強化される。1975年で一旦廃止されていたワゴンが復活した。インストを核とした明るめの同系色で統一された内装は大きく近代的になった。冷房装置も吊り下げ式クーラーに代わってフルエアミックスタイブのエアコンが設定された。

トラックに加え、バンにもジャストローと呼ばれる、後輪に前輪よりも径が小さいダブルタイヤを装着した(前輪・13インチシングル/後輪・10インチダブル)超低床デッキも設定された。

エンジンはバンとトラックが従来の1.3Lの4K型、ワゴンにはタウンエースと同じ、1.8L・92馬力の13T型がそれぞれ搭載された。このモデルチェンジに伴いバン・トラックは昭和54年規制に適合。

ヘッドランプはワゴンが角形2灯、バンとトラックが丸形2灯で、共に規格型である。

トラックはデルタ750(セブンハーフ)として、1982年11月までダイハツへOEM供給された。

バン ジャストローの設定は、当時、「まっ平らフロア」のCMで大人気となった、「ボンゴ・マルチバン」を睨んでの対策であった。

1980年12月 - ワゴンを中心としたマイナーチェンジを実施。電動リモコン式カスタムミラーを装備する最上級グレードのFXVを追加。GXLにセカンド対座シートと、衝撃吸収式ウレタンバンパーを設定。ワゴンに5速MTとATを追加。リアクーラーは、助手席後方に位置したスーツケースタイプから、天井取り付けタイプに変更され、空きスペースとなった助手席後方には、クールボックスが装備された。

1982年11月 - マイナーチェンジで後期型へ。フロント周りを中心としたフェイスリフトで1800cc・SOHC・1C型4気筒ディーゼルエンジンが追加され、ガソリンエンジンもY型に変更された。バンは1.6Lの1Y型、ワゴンには1.8Lの2Y型をそれぞれ搭載。バンとトラックの1.3Lは、従来の4K型を継続搭載。これに伴いバン・トラックのガソリン車は昭和56年規制に適合。

ワゴンFXVにはデジタルメーターが装備されたが、ライトエースでは最初で最後の設定となった。

タウンエーストラックは、バン/ワゴンのフルモデルチェンジと同時に、ライトエーストラックと共通となった。

1983年8月 バンの1年車検を嫌うユーザー向けに、2列シートのバン内装で乗用登録が出来る、SW(スイッチワゴン)を追加。またワゴンには簡易式吊り下げ型ベッドを内蔵した「モンタナ」を設定した。

尚、バンとワゴンは1985年8月にフルモデルチェンジを行ったが、トラックのみ1986年まで2代目が継続生産された。

後期型ワゴンシリーズのCMキャラクターには所ジョージが起用されていた(「ハッピーチョイス」篇)。


3代目 M30・40系(1985年〜1999年)
1985年8月 - ワンボックス車のみフルモデルチェンジ。この代よりパートタイム式4WD車が追加される。

エンジンは新たに3Y-U型が追加される。ディーゼルエンジンは1Cから2Cに変更、並びにディーゼルターボエンジンの2C-Tを追加。2C-Tは、ワゴンのGXLとFXV、XL-7(LD)とSWの4WD車に設定、後にスーパーカジュアルにも拡大された。

バックドアはバンとワゴンで異なるデザインとなり、ワゴンは大型ウィンドウを備える。

オプションには、新たに大型サンルーフのスカイライトルーフを設定。

1986年10月 - トラックをフルモデルチェンジ。

1987年8月 - ワゴンのディーゼル車が昭和62年規制に適合。

1988年8月 - ワゴンマイナーチェンジ。

TEMSをFXVに標準、GXLにオプション装備とする。

DX / XL-7が廃止され、LDに統合される。

ディーゼルエンジンは出力を変更、2C型は70馬力から73馬力に、2C-T型は82馬力から85馬力となる。2C-T型ディーゼルターボエンジンをスーパーカジュアルに追加設定、従来の2Cも継続設定となる。

4速ATの採用グレードを拡大。

バンは一部改良し、ATの設定を拡大、並びに防錆強化も図られた。

それまでワゴンの全長は4m未満で、安価でフェリーを利用出来たが、この改良でバンパーが大型となり、4mを超える。

※一部の海外仕様は旧型のフェイスを継続。

1989年9月 - SWに可倒式ファブリックシートとリアワイパーを装備したスーパーSW 5ドアを追加。バン・トラックのディーゼル車は昭和63年規制に適合。

1990年8月 - ワゴンのハイマウントストップランプと、リアアンダーミラーを標準装備化。コラムMTを4速から5速に変更。バン・トラックのガソリン車は平成元年規制に適合。

10月 - GXLにAM/FMラジオ付きカセットプレーヤー、パワーウインドウを標準装備にしたGXLリミテッドを追加。

1991年4月 - ディーゼル4WD車のみにGXL特別仕様車を追加。

この3代目は日産・バネットコーチに月販台数で抜かれた唯一のモデルである。

ワゴンシリーズのCMソングには吉田拓郎の「風を見たか」が使用されていた。

バン・ワゴンが1992年1月にフルモデルチェンジされた後も、トラックのみは1999年まで3代目が継続生産された。また、フィリピンではM30型が継続販売された。


4代目 R20・30系(1992年〜1996年)
1992年1月 - フルモデルチェンジ。ただし新規設計ではなく、タウンエースと統合され、共通ボディの姉妹車となった。これと入れ替わりにトヨタ店向けマスターエースが廃止になる。
内装も共通化され、GXLは格納機能と補助席つきセカンドシートから回転対座機能つき正席8人乗りに、FXVのセカンドシートは、ベンチシートからキャプテンシートに変更された。また、後部座席のシートベルトが三点式(中央二点式)になった。

ラインナップの再編も行われ、グレードでは、スーパーカジュアルとスペースカジュアルの廃止、FXVリミテッドの新設、SWとスーパーSWの統合が行われた。また10月には、特別仕様車のGXLエクサーブも追加された。

ワゴンのエンジンは、先代まであった5Kと2Yが廃止され、3Y-E、2C-Tの二種類のみとなった。バンからは4K-Jが廃止された。

このモデルより、GXL以上のグレードにパワーウインドウ、エアコン、シフトインジケーター(タコメーター装着車のAT車のみ<タコメーター非装着車はAT車でも設定なし)が標準装備になった。オプションとしてツインムーンルーフ、ABS(AXL以上のグレードの2WD車のみ)が新たに追加された。また、ライトエースとしては初のオートエアコン(フロント・リア)も、FXVリミテッドにのみ装備された。 外観は丸みを帯び、当時のトレンドを取り入れていたが、中身の機構は1982年登場のタウンエースを流用しつづけ、足回りも大きな変化はなく、ファイナルレシオこそ異なっていたものの、ATのギア比はディーゼル、ガソリンともに一緒であった。

最上級のFXVリミテッドには、イージーエントリーシステムが搭載された。但し、ハイエースのそれが電動チルトステアリングとパワースライドシートの組み合わせなのに対し、ライトエースのものは、パワースライド機構のみであった。

ディーゼルターボ車の5MTは、トーショナルダンパー付のクラッチを採用しており、クラッチ操作が容易だった。

1993年8月 - ワゴンのディーゼルエンジンを3C-T(88馬力)に変更し平成4年規制に、バン・トラックのディーゼル車を平成5年規制に適合。
ワゴンには、LDとGXLの中間的存在であるAXL(ディーゼルのみ設定。GXLとは、回転対座機能なしのセカンドシート、セカンドシートの窓が手動スライド式、タコメーターなし、LD・SW・バン用のテールランプを使用、パワーウインドウ・リアワイパーがオプションになっている点が違う。)、
専用グリルガードとフォグランプを装備したRVグレードのGXLフィールドツアラー(ディーゼル4WD車のみ設定。スカイライトルーフの設定は無し。)、
SWに集中ドアロック、リアワイパーを標準装備にしたSWエクストラ(ディーゼルのみ設定。)を追加。
GXLはシート生地を変更。エアコンの冷媒は代替フロンに変更。

1994年8月 - ワゴンの3C-Tの出力を91馬力に変更し、平成6年規制に適合。

1995年3月 - GXLエクサーブの仕様を一部変更。

8月 - バン・トラックのガソリン車が平成6年規制に適合。

9月 - AXLにパワーウインドウ、リアワイパーを標準装備にしたAXLリミテッド追加。

12月 - GXLエクサーブの4WDをフルタイム式に変更。

※欧州仕様車は、タウンエースワゴンSW・バン用のフロントフェイスを装着していた。


5代目 R40・50系(1996年〜2007年)

1996年10月のフルモデルチェンジにあたって、ワゴンの名称をライトエースノアと変更。 ボンネットのあるボディになり、運転席・助手席エアバッグ、ABSが標準装備となり、衝突安全ボディーGOAが採用される。ガソリンエンジンは、従来の3Y-Eから、DOHCの3S-FEになり、出力も130馬力にアップした。また、4WDはフルタイム式に変更された。

ATは、ウォークスルーも考慮され、コラムシフトが採用される。尚、従来のレバーを上下に動かすタイプではなく、前後に動かすタイプのイージーコラムシフトとなったが、MTは従来通り、フロアシフトであった。

グレード構成も変わり、AXLとLDを統合してLとなり、FXV→V、GXL→G、GXLフィールドツアラー→フィールドツアラーとなる。Lをベースに布シートにした特別仕様車も存在した。

足回りは、形式こそ先代を踏襲しているものの、ほぼ手直ししたものである。また、横跳ね上げ式5:5分割型サードシートの前後スライド機構を世界で初めて装備した。

また、同時にバンもフルモデルチェンジされ、1800ccガソリンエンジンが2Yから7Kに変更となった。また、トヨタの商用車で初めて、衝突安全ボディーGOAを採用した。ATシフトポジションインジケーターが装着されるようになった。

サンルーフは、スカイライトルーフが廃止され、ツインムーンルーフのみになる。

1996年11月 - トラックマイナーチェンジ。

1997年6月 - ロードツアラー追加。

9月 - Gエクサーブ追加。

1998年1月 - 一部改良。運転席にプリテンショナー・フォースリミッター付きシートベルトを装備。カーナビをメーカーオプション化。 Vにキーレスエントリーを標準装備。

4月 - Gリミテッド追加。

12月 - ノア、マイナーチェンジ。

ガソリン車が平成10年アイドリング規制に適合し、ディーゼル車のエンジンが3C-TE(94馬力)に変更され、平成10年規制に適合。ATはイージーコラムシフト2に変更された他、L、SW以外には足踏み式パーキングブレーキが採用され、L、SWのガソリン2WD車を除き、MT車が廃止された。また、フルフレックスロックアップ型ATの採用により、実用燃費が一割ほど向上した。

ディーゼルターボにはインタークーラーが付き、これにより、ボンネットにエアスクープが付く。

1999年6月 - バンマイナーチェンジ・トラックフルモデルチェンジ(名目上はフルモデルチェンジだが、パーツの大半が先代からの流用であることや販売台数の減少などから、実質上はマイナーチェンジに過ぎなかった)。ガソリン車は平成10年アイドリング規制に適合、ディーゼル車は平成9・10年長期規制に適合並びにエンジンを3Cに変更した。バンはノアと同程度の変更だったが、トラックは内外装、コラムシフトの方式を変更した。

2000年5月 - ロードツアラーリミテッド、マイナーチェンジ後モデルのGエクサーブ追加。

12月 - マイナーチェンジ後モデルのGリミテッド追加。

2001年5月 - 発売台数1000万台を記念し、特別仕様のG10ミリオンセレクションが発売される。

10月 - 同年11月のヴォクシー販売開始に伴い、ノアの製造を終了。バン/トラックは引き続き生産。

2002年7月 - バン/トラックのガソリン車を平成13年排ガス規制及び平成12年車外騒音規制に適合、並びに5K搭載車を廃止。同時に全車に運転席エアバッグ、ABSを標準装備化。

2004年8月 - ディーゼル車の生産終了。これによりバン4WD車とトラック4WDのAT車が一時的に消滅する。トラックはヘッドライトをレベリング機構付きに変更、並びにサイドアンダーミラーを標準装備化。

10月 - バンに4WD車、トラックの4WD車にAT車を再設定。

2005年7月 - バンのヘッドライトをシールドビームから、マニュアルレベリング機構付きハロゲンランプに変更、並びにサイドアンダーミラーを標準装備化。

2007年7月 - バン/トラックをオーダーストップ。ブランド一時休止。


6代目 S402系(2008年〜)

2008年1月9日、フルモデルチェンジ(ただし発売は同年2月25日)。およそ半年の空白を経て登場。トラック/バン共に、同じ顔つきになった。ボディは、ノア/ヴォクシーとは共通ではないセミキャブスタイルであり、3代目 M30・40系とハイエースの前面を彷彿させる小さなボンネットが付きながら、エンジンは運転席、助手席の下にある。


インドネシアのダイハツ生産拠点、Astra Daihatsu Motor(アストラ・ダイハツ・モーター)にて生産される「グランマックス」を日本向けとしたモデル。バン/トラック共に全長が短くなった。 3SZ-VE型1.5L DOHC VVT-iが搭載される。また、インパネシフトであり、5MTと4ATが設定され駆動形式は後輪駆動のみである。低床のみで、バンはハイルーフと標準ルーフの二種類。最大積載量は750kg。1979年の2代目以来存在したジャストローは廃止された。トラックは、バンより若干全長が長く(約4200ミリ)車格が若干異なる。なお、ネッツ店独自のエンブレムは装着されていない。

参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ