×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日産:アベニール中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  アベニール中古車総合情報

 日産:アベニールの概要♪


初代(1990年-1998年(ワゴン)、1990-1999年(バン))

1990年5月、W10型登場。スカイラインワゴン / バンとブルーバードワゴン / バンの後継車である。プリメーラ(P10型)のワゴン版としての位置付けであり、欧州には「プリメーラワゴン(初代)」として投入された。乗用モデル(ワゴン)と商用モデル(カーゴ)が存在。グレード名は「ei(エイ)」、「bi:(ビー)」、「si:(シー)」と名づけられていた。

エンジンは前期型がSR18Di、後期はSR18DEとSR20DE(si:のみ)、カーゴはGA16DS。

1990年10月、アテーサシステムを搭載した2Lの4WD車を追加

1993年1月、マイナーチェンジにより、型式(かたしき)がPW10となる。グリル等が変更される。ディーゼルエンジン(CD20T)搭載モデルと、本皮シートを装備した最上級グレード「ef(エフ)」を追加。

1993年12月、「salut!(サリュー!)」追加。

1994年11月、一部変更。「bi:」にCD20T型ディーゼルターボエンジン搭載モデルを追加し、「ei:」を廃止。

1995年8月、ワゴンを大幅にマイナーチェンジ。グレード名に「サリュー」を冠した事から、営業上の車名を「アベニールサリュー」とした(正式な車名はアベニールのまま)。ヒット商品となったスバル・レガシィを意識した、外観を中心とした手直しとも言え、リアオーバーハングを延長した上で、リアコンビネーションランプを横長の大型のものに変更し、新たにガラスハッチを採用、併せてボンネットフード、ラジエータグリル、フロントバンパーもボリュームのある形状に変更された。これらは当時のウイングロードやプレーリージョイにも共通の手法であるが、初期のプレーンなスタイルを引き継ぐのはバンモデルのアベニールカーゴのみとなった。また、リアサスペンションはFFがトーションビーム式トレーリングアーム、4WDは5リンク式となった。運転席SRSエアバッグが標準装備となり、4WDに直列4気筒DOHC SR20DET型ターボ付エンジン搭載モデルを設定した。


2代目(1998年-2005年)
1998年8月24日、W11型にモデルチェンジ。車名は再び「アベニール」に戻された。GT4シリーズとサリューシリーズの2系統のグレード体系をもつ。パワートレインとサスペンションをM12型プレーリーリバティと共用する。

搭載するエンジンは全て横置きの直列4気筒で、SR20DET型インタークーラー付ターボ、SR20DE型、QG18DE型、CD20ET型ディーゼルターボの4機種。SR20DE型搭載車にはCVTを組合わせるモデルを設定した。

また、オーテックジャパンの手による特別仕様車「ライダー」が設定された。車体を共用する商用モデルは当面は従来型継続。1999年6月に「エキスパート」として独立。

2000年5月24日、マイナーチェンジ。フロント周りをGT4シリーズのデザインに統一し、新造形のインパネに変更するなど内外装を変更。車間自動制御システム搭載車を設定。SR20DE型の出力を向上させた他、CD20ET型搭載車とサリューXおよびサリューJに設定のあった5MTモデルを廃止し、全車ガソリンエンジンに4ATもしくはCVTを組み合わせることになった。これに伴いパーキングブレーキは足踏み式に変更されている。またアベニール誕生10周年記念車「V Limited」も設定。

2000年10月17日、SUVテイストの「ブラスター」を追加。既存モデルに対し、大径タイヤで地上高を上げ、専用の大型バンパーを装備。FFと4WDを設定し、搭載するエンジンはSR20DE型のみ。

2001年3月末をもって日産車体京都工場での生産を終了し、生産を日産車体湘南工場に移管。

2002年8月27日、マイナーチェンジ。フロントグリルのキャラクターマークが現行の日産のCIに変更される。また、SR20DE型に替わってQR20DE型エンジンを搭載するとともにターボのSR20DET型を廃止。

2005年9月、折からのステーションワゴン需要低迷により、生産終了。

参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ