×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日産:サニー カリフォルニア中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  サニー カリフォルニア中古車総合情報

 日産:サニー カリフォルニアの概要♪


B310型(1979年-1981年)
1979年1月 B310型セダンの登場から1年2ヶ月遅れてサニーシリーズ初のステーションワゴンとしてデビュー。ただし、当時はステーションワゴンではなく"5ドアセダン"扱いだった。
1979年10月 マイナーチェンジでフロントノーズをスラント化。同時にリヤナンバープレートの位置をバンパー上に移動。当時流行の角型ヘッドライトなどを採用。
1980年11月 マイナーチェンジ。1200を1300(1300ccのA13型)に、1400を1500(1500ccのA15型)にそれぞれ変更。
1981年10月 B11型にバトンタッチし生産終了。

B11型(1981年-1985年)
1981年10月 B11型サニーの5ドアワゴンとして登場。時代の趨勢に合わせて駆動方式を後輪駆動から前輪駆動に改め、エンジンも旧態依然としたOHVのA型系から、N10型パルサー/ラングレー(ただしN10型ラングレーは1500ccのみ)に先行投入されていたFF専用の新開発SOHC8バルブエンジン、E型系1300cc(E13S型)/1500cc(E15S型/E15E型)を搭載した。事実上サニー初のタイミングベルト駆動エンジン搭載である。
なお、1981年7月に当時の石原俊社長の方針で、国内外で展開していた「ダットサン」ブランドを廃止し「日産」ブランドへ統一する事が発表された(ダットサン・ピックアップを除く)。それまで日本国内で「ダットサン」ブランドで販売されていたサニーも、B11型へのフルモデルチェンジを機に、正式車名を「ダットサン・サニー」から「ニッサン・サニー」へと切り替えらる事となる。車検証に記載される車名も「ダットサン」から「ニッサン」に切り替えられた。
  • 1982年10月 初のディーゼルエンジン車を設定。直列4気筒SOHC・1680ccのCD17型を採用。最高出力はグロス値で61馬力を発生した。
  • 1983年10月 マイナーチェンジ。
  • 1984年10月 マイナーチェンジ。
  • 1985年9月 B12型にバトンタッチし生産終了。

B12型(1985年-1990年)
  • 1985年9月 B12型セダン/ハッチバックと共にデビュー。通称「トラッドサニー」。リアシートは5:5の左右分割可倒式でリクライニング機構付き。エンジンはガソリン1.5リッターとディーゼル1.7リッター。リアサスペンションは先代のトレーリングアームから、パラレルリンク式ストラット/コイルの独立懸架へと変更。
  • 1986年9月 ビスカスカップリング式の「フルオート・フルタイム4WD」車を追加。
  • 1987年9月 マイナーチェンジ。外装ではフロントマスクと、特にリア周りのデザイン(コンビネーションランプやナンバー取付け位置など)が変更された。特筆すべきはエンジンで、1500ccガソリン車のエンジンが、直列4気筒SOHC・8バルブのE15型から直列4気筒SOHC・12バルブのGA15型に換装された。「1500スーパーサルーン」系のフルオート・フルタイム4WD車にはメカニカル式ABSをメーカーオプションで設定。
  • 1988年6月 トリプルビスカス式4WD車を追加。
  • 1989年1月 2回目のマイナーチェンジ。
  • 1990年10月 Y10型にバトンタッチし生産終了。

Y10型(1990年-1996年)
  • 1990年10月 セダンの9ヶ月遅れでデビュー。セダンは「B13型」だが、こちらは2代目ADバン・ADワゴンとボディをほぼ共有するため、それと同じ「Y10型」となる。
  • エンジンはDOHC・キャブレターの「GA15DS」一本のみ。グレードもベーシックモデルの「タイプA」とハイグレードの「タイプB」の2つのみ。
  • 4WDは引き続き、ビスカスカップリング式「フルオート・フルタイム4WD」。
  • 1993年8月 マイナーチェンジ。フロントバンパー/サイドガードモールのデザイン変更、ハイマウントストップランプ付きリアスポイラー、サイドドアビーム、衝撃吸収ステアリングパッドを新採用。エアコンを新冷媒タイプに変更。
  • 1994年9月 一部改良。タイプAの装備を簡略化し、専用シートトリムなどを追加した「サンホゼ」を新設定。「GTパック」や「オーディオパック」をオプション設定。全車にABSをオプション設定。
  • 1995年6月 一部改良。「GA15DS」をEGI仕様の「GA15DE」に換装、最高出力が94psから105psにアップ。全車に運転席SRSエアバッグを標準装備。フロントグリル、シートトリムのデザイン変更。
  • 1996年5月 ADワゴンと統合し、ボディをお色直しして「日産・ウイングロード」として再デビュー。「サニーカリフォルニア」名は消滅した。
参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ