×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日産:ローレル スピリット中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  ローレル スピリット中古車総合情報

 日産:ローレル スピリットの概要♪


初代(B11型 1982年-1986年)
  • 1982年1月 - ローレルスピリットが登場。前年1981年にフルモデルチェンジしたB11型サニー4ドアセダンをベースとした姉妹車。メッキパーツを使用して高級感を出し、最上級グレードのXJ系には当時のC31型ローレルと同様のツートンカラーも用意されていた。
搭載するエンジンは当初E15S型およびE15E型(共に1487cc)。サニーに存在した1300ccの設定はなかった。
グレード構成はLT(GL)、LT-G(GL-L)、LF(SGL)、XJ(SGLエクストラ)、XJ-E(SGX-E )。はサニーに相当するグレード
  • 1982年7月 特別仕様車発売。
  • 1982年10月 特別仕様車発売。
  • 1983年1月 - 115馬力のE15ET型ターボチャージャー付エンジン搭載車(ターボXJ)を追加。
  • 1983年4月 一部改良。
  • 1983年11月 - マイナーチェンジでフロントグリル、テールランプ等の意匠が変更され、1700ccディーゼルも追加された。
  • 1984年11月 一部改良。
  • 1985年1月 一部改良。ターボの冷却方式を水冷式に変更。
  • 1985年9月 サニーがB12にフルモデルチェンジした後もローレルスピリットはB11型を継続生産。
  • 1985年11月 エクストラシリーズ発売。

2代目(B12L型 1986年-1990年)
  • 1986年8月 - 2代目発売。先代モデルはサニーの化粧直し程度の差別化だったが、2代目になると更にサニーとの明確な差別化が図られた。フロントマスク、リアテールは専用意匠となり、Cピラーの化粧パネルとボンネット上のフードマスコットが追加されている。最上級グレードは4気筒DOHC16バルブエンジン(CA16DE型)を搭載する「1600グランドリミテッド ツインカム」となる。内装もワインカラーを採用するなど高級感を打ち出した。
エンジンは全て4気筒でE15S型(SOHC・電子制御キャブレター、1500cc)およびE15E型(SOHC・マルチポイントインジェクション、1500cc)、CA16DE型(DOHC16バルブ、1600cc)、CD17型(SOHC、1700cc)ディーゼルが設定されていた。
  • 1987年9月 - 一部変更。E15型エンジンがGA15型(1500cc4気筒SOHC12バルブ、電子制御キャブレター仕様はGA15S、マルチポイントインジェクション仕様はGA15E)に換装され、フルオートフルタイム4WDが設定された。また、フルオートフルタイム4WDの上級グレードに限り、安全装置の機械式のABS(当時の日産の独自名称で4WAS)がメーカーオプションで用意されていた。
  • 1988年10月 - 再度の一部変更でグランドリミテッド系にラジオスイッチ連動式電動アンテナとリヤシートに肘掛を追加。
  • 1990年1月 - サニーのフルモデルチェンジと販売低迷による車種整理・統合を理由に生産中止。後継車種は4ドアハードトップの「プレセア」である。
参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ