×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホンダ:S−MX中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  S−MX中古車総合情報

 ホンダ:S−MXの概要♪


初代(1996-2002年 RH1/2型)

初代ステップワゴンの全長を切り詰め、ファミリーユースのイメージを払拭した。取扱販売店はクリオ店。

「ステップ・バーン」という愛称も付けられていたが、これはかつてサブカルチャーの一端を担った、同社の「ステップバン」へのオマージュとも取れる。 若者をターゲットとしたスタイリングで、大胆な造形のフロントバンパー周りや、リアスタイルが特徴である。メーカー純正用品としてホンダアクセスや、無限からエアロパーツが豊富に用意されていたことも特筆される。

通常の量産車でありながら、ローダウンがラインナップされ、排気音も低周波を効かせたチューニングとするなど、アフターマーケットでのカスタム手法を採り入れたことと、後述するインテリアのコンセプトから、賛否入り混じり、大きな話題を提供した。

プラットフォームをはじめ、メカニズム的にはステップワゴンにほぼ準ずる。リアオーバーハングが短くなったことで、スペアタイヤが助手席床下に移動されたため、サイドスカートは、その部分のみ分割となっている。この「引き出し」式のスペアタイヤキャリアは、収納場所こそ異なるが、同社の初代「ホンダ・Z」にも見られる。

エンジンは、B20B型 直列4気筒 DOHC 16バルブ 2,000ccを搭載。変速機は4速コラムAT。

ステップワゴンのリアドアはスライド式だが、S-MXはヒンジ式で、右1枚、左2枚のいわゆる1-2ドアである。アウタードアハンドルは、初代「シティ」の物が流用されている。

乗車定員は4もしくは5名、4人乗り仕様は前後ともにベンチシートであることが特徴で、ステップワゴンと同様、シートは座面背面共にかなり平らで2列を使い「フルフラット」にすることも可能である。2列目を前倒しにした「スペースアップモード」では、荷室長は1,220mm まで拡大する。2列シートのため、リアシートのスペースは十分にあるが、特にばねの有効長が短いローダウンで、リアサスペンションの突き上げ感が大きい。

販売は、車高を15mm下げたローダウン仕様の「S-MX LOWDOWN」を中心に展開された。

若者を中心に大ヒットし、ファミリー向けのステップワゴンと共にミニバンブームの火付け役になった。

車格は異なるが、近い層を狙った商品コンセプトには、トヨタ・bBがある。現在の車体形状から考えるとS-MXが与えた影響は大きいと言える。

また、生産終了した今も中古車で根強い人気があり根強いファンもいる。

参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ