×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホンダ:アコード インスパイア中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  アコード インスパイア中古車総合情報

 ホンダ:アコード インスパイアの概要♪


初代(1989-1995年 CB5/CC3/2型)

1989年10月12日に5ナンバーの「アコード・インスパイア」誕生。形式名はCB5。1992年に3ナンバーの「インスパイア」CC2(2,500cc)とCC3(2,000cc)が追加される。姉妹車はビガー。

ホンダはこの4年前に英国のブリティシュ・レイランド(のちのBLカーズ、現:MGローバー)とレジェンドを共同開発し販売していたが、これによりアコードとの間にラインナップ上の空きが生じ、それを埋めるための上級車種として投入され、また当時のバブル期に多大な販売台数を誇ったトヨタ・マークII 、日産・ローレルクラスに当たるモデルとして、4代目アコードの登場から1ヶ月遅れで発売された。発売後はマークIIやローレルに迫る販売台数を記録し、後に3ナンバーシリーズが登場すると、その人気に拍車がかかり大成功をおさめた。ボディは4ドアピラードハードトップのみで、1992年に登場した3ナンバーシリーズにも、そのまま受け継がれた。

エンジンは、専用設計された直列5気筒 SOHC 4Valve 2,000ccのG20Aと2,500CCのG25A。ホンダらしく高回転、高出力を念頭に開発され、スムーズに出力する特徴を備えていた。なお、5気筒特有の一次振動の対策には当初バランサーシャフトを用いていたが、後に3ナンバー仕様の登場に伴い追加された。なお、本機は直列5気筒エンジンを縦置きにした独特のFFミッドシップ・レイアウトを採ったモデルとして採用され、以降、登場するホンダの高級車はしばらくの間この仕様が継続された。

内装の特徴である本木目パネルはユーザーがミルトル、ゼブラ、マドローナの柄を選択することができた。

後にトランスミッションの仕様変更がなされ、徐々に販売主力は3ナンバーグレードへと移り、5ナンバーのものは中級グレードの「AG-i」のみに整理された。


2代目(1995-1998年 UA1/2/3型)

1995年2月23日、初代の誕生から5年後にフルモデルチェンジ。先代で好評を得たワイド&ローのシルエットはこのモデルにも踏襲されたものの、居住性アップが求められたアメリカ市場からの要望に応じて、車体の大きさは先代とほぼ同じながらも、室内は広くなり車高も上げられた。アメリカではホンダの高級車ブランド「アキュラ」にて、アキュラ・TLとして販売される。

エンジンは先代から引き継がれた直列5気筒の2,000ccのG20Aと2,500ccのG25Aとを踏襲。主力のG25Aは、レギュラー仕様の180PS(25G/25XG)とハイオク仕様の190PS(25S)の2種類があった。

1995年7月6日、レジェンドに搭載されていたV型6気筒 SOHC 4Valve 3,200ccのC32Aの「32V」 が追加される。V6エンジン搭載にともないフロントセクションはレジェンドのシャーシを流用した専用設計となり、全長・全幅ともに多少大型化している。同時に電子アナログメーター・天然木パネルが装備されており質感が向上した。

1996年11月8日に一部変更。運転席・助手席エアバッグやABSなどの安全装備を全車標準装備と同時にカーナビはVICS対応型の立体地図タイプに変更された。

折しもバブル崩壊による不景気の影響を受け、初代に比べるとコスト削減あおりを受け、品質低下した内装。さらにはファミリーカーの主役をセダンからミニバンへ移行させるきっかけとなった初代オデッセイの登場が先行したこともあって、初代ほどの成功を収めることはなかった。なお、一部が覆面パトカーとして採用された。


3代目(1998-2003年 UA4/5型)

1998年10月15日に、先代登場から異例に早いフルモデルチェンジを迎える。

先代に引き続いて米国での販売も継続されたが、このモデルから米国オハイオ工場の生産に切り換わる。

先代よりもパーソナルカーの色合いが濃くなったボディは、米国の衝突安全基準に対応するため、サッシュ式ドアを持つ4ドアセダンとなった。また、より室内居住性も向上した反面、先代まで採用されてきた伝統の縦置きFFミッドシップレイアウトは廃された。エンジンは先代まで存在した5気筒モデルが廃止され、新たに開発されたV型6気筒のJ型のみとなる。ラインナップはSOHC 4Valve VTEC 2,500ccのJ25Aと3,200ccのJ32Aとの2種類。2001年4月4日のマイナーチェンジの際に、J32Aは30PSアップした仕様に変更したが、これは元々アキュラブランドで発売されているクーペモデル(アキュラ・CL)に載せられていたものと同じである。組み合わされるトランスミッションは、当初Sマチックが装備された4速ATであったが、前記のマイナーチェンジの際に5速に改良された。


4代目(2003-2007年 UC1型)

2003年6月18日に発売。先代に引き続いてサッシュ式ドアを持つセダンボディを踏襲するものの、ボディは北米仕様のアコードのものをベースに開発された。そのため、2代続いてきたアキュラブランドとの連携はこの代からは解消された(アキュラ・TLには専用のボディが与えられ、新たに日欧向けのアコードが北米ではアキュラブランドに追加された)。それに伴い、生産も米国オハイオ工場から国内の埼玉県狭山市にある埼玉製作所に移された。

コンセプトは先代から大きく変わらないものの、より高級車的な方向へ性格づけされ、乗り心地も若干柔らかく設定されている。この代の最大の特徴は、エンジンの「可変シリンダーシステム(VCM)」や「ドライバー支援装置(HiDS)」などの新機構が採用されていることにある。グレードは、「アバンツァーレ」,「30TL」及び「30TE」の3種に整理され、最上グレードの「アバンツァーレ」に各種新機構が搭載されている。

エンジンは先代にあった2,500ccが廃止され、SOHC i-VTEC 3,000ccのJ30Aのみとなった。このエンジンに採用された「VCM」は、低負荷時に後側のバンク(3気筒)を休止させ、250PSの高出力と低燃費とを両立した。組み合わされるトランスミッションは、先代と同様の5速AT(Sマチック付き)。

また、7代目アコードにも採用された「HiDS」は、フロントに設けられたレーダーで自動的に前方の車両との車間距離を保つ「IHCC」、前方の車両との衝突を自動に回避する「CMBS」及び、フロントに設けられたC-MOSカメラ画像を基に車線を認識し車線維持をアシストする「LKAS」を統合したシステムである。この機能は、アコードやインスパイアを皮切りに、その後登場する4代目レジェンドやミニバンのオデッセイ、エリシオンやSUVのCR-Vなど、ホンダの上級車に随時搭載されている。

2005年11月4日にマイナーチェンジを実施し、フロントグリルの変更とリアを大幅に変更し、テールランプをLED化とした。


5代目(2007年- CP3型)

2007年12月19日発表、12月21日発売。ボディサイズは先代よりも一回り大きくなり、なかでも全長は4,940mmと大幅に拡大された。また全幅もレジェンドと同じとされたため、本モデルより実質的にレジェンドと同クラスに移行し、かつレジェンドのメーカー希望小売価格が最低でも550万円に設定されていることから、従来のライバル車であるマークXやティアナだけでなく1クラス上のクラウン、フーガの廉価版モデルに対する対抗車種としての役割も担うこととなった。なお、従来のアッパーミドルセダンとしての役割は2008年12月に発売を開始した8代目アコードに引き継がれている。

グレードはベースの「35TL」、ミリ波レーダー式のプリクラッシュセーフティーシステム(「CMBS」+「E-プリテンショナー」)、「ACC」(アダプティブ・クルーズ・コントロール、IHCCから改名)やHDDナビを標準装備とした「35iL」の2種類。いずれのエンジンもV型6気筒 SOHC 4Valve i-VTEC 3,500ccのJ35Aで、先代と同様の「VCM」であるが、切り替える気筒数が3気筒-4気筒-6気筒の3段階に改良されている。組み合わされるトランスミッションは、先代と同様の5速ATであるが、Sマチックは装備されない。

ステアリングギアボックスは「VGR」(可変ステアリングギアレシオ)が採用され、全回転角が3.2から2.6回転に減少している。ステアリングフィールをより向上させるため、パワーアシストは先代の電動から油圧に戻されている(その結果「LKAS」は装備されていない)。

当初、同一車種の車名を全世界で統一する方針のもと、これまで日本ではインスパイアとして販売されていた北米仕様アコードを、日本でもアコードとして発売し、日本仕様アコードは2008年秋に日本でのアキュラブランド発足に合わせて、アキュラブランドに移行する予定であった。しかし、日本国内での自動車新車販売台数の長期低迷からアキュラブランドの発足が2年先送りされ、それらが白紙撤回となったため、これまで通りインスパイアとして販売されることになり、2007年の東京モーターショーに「インスパイア プロトタイプ」として展示された。

参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ