×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホンダ:シビック シャトル中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  シビック シャトル中古車総合情報

 ホンダ:シビック シャトルの概要♪


初代(1983-1987年 AJ/AK/AR型)
  • 1983年10月20日、3代目シビックの5ドアとして、3ドアより約1ヶ月遅れて販売された。5ドアであることから車型を表す2桁の数字のうち、10の位は「5」となっている。他のボディ形状から見ると前面投影面積が大きいが、それほどCd値は悪くなく、さらにCl値がゼロであるため、意外に高速道路でも安定して走ることが出来る。

「55J」と「55i」にはリアスタビライザーとフットレストを備え、また、リアシートがダブルフォールディングにより荷室がフルフラットになり(そのためか座面とバックレストに大きな隙間がある)、スポーツ指向及びRV指向が強い。「55M」と「55G」は、リアシートは格納できない代わりに厚みもしっかりしており、リアトノカバーの両端に16cmサイズのスピーカーを装着できるなど、より居住性を重視した性格を持っている。その他の装備では、「55i」にはデジタルメータ及びサンルーフが選択でき、「55G」にはエンジン回転数感応式パワステ、集中ドアロック、フューエルリッドオープナー及びリアヒーターダクトを標準装備していた。

トランスミッションは5速MT、3速AT(「55i」のみ)又はホンダマチック(「55i」、「53U」以外)が選択できた。外観では「53U」及び「55M」が規格角形ヘッドライトを装備しているのに対し、「55J」以上は異形ヘッドライトを装備している。「55i」のみバンパーがシルバーで、リアゲートの配色が異なっている。「53U」にはプロテクションラバー(=ドアモール)が無く、「55M」と「55G」には小振りのものが、「55J」と「55i」にはやや大きいものが装着されるなど、違いが多かった。

  • 1984年11月1日、4WD(パートタイム式)を追加。トランスミッションは、スーパーロー付き5速MTのみが設定されていた。外観では前後バンパー及びプロテクションラバーが大型化し、全長が4mを越えた。合わせて、これまで純正装着されていた「55G」以外では選択出来なかったパワステをオプション設定した。
  • 1985年9月、マイナーチェンジ。グレードを整理して「55J」,「55i」,「4WD-M」,「4WD-J」とし、オートマチックトランスミッションはロックアップ付き4速ATに進化した。また、プロテクションラバーを4WDモデルと同タイプの大型のものに統一し、「55i」はリアヘッドレストの形状を変更した。
  • 1986年9月9日、4WDが「リアルタイム4WD」(ビスカスカップリング式スタンバイ4WD)に進化。更にバンパーが巨大化した。その際設定された限定車にはアルミホイール、リアスタビライザー、アルミ製アンダーガード及びサイドプロテクタが装着された。
  • 商用モデルには「シャトル」のサブネームは与えられず、乗車定員の違いにより「PRO-T」,「PRO-F」の2グレードで構成され、外観は「53U」同様であった。
  • 日本仕様に対し、北米仕様のFrサイドマーカーは膨らみが無く、反射板となっている。また、リアコンビランプのサイドにもサイドマーカーが備わる。
  • 欧州仕様はFrサイドマーカー部分が日・米仕様と異なりクリアで、形状は北米仕様同様膨らみが無く、その箇所にバルブが入らない。サイドマーカーは独立してタイヤハウス後部に備わるため、構造上EFシャトルの日本仕様及び欧州仕様に近い。また、リアバンパーのナンバーポケット左右にリアフォグランプを装備している。

2代目(1987-1996年 EF2/3/4/5型)
  • 1987年、4代目シビックと合わせてモデルチェンジされる。このモデルも3ドアより約1ヶ月遅れた10月20日より販売された。シビックと同じ足回りの4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションが採用される。1気筒4バルブ方式の「ハイパー16バルブエンジン」、電子燃料噴射システム「PGM-FI」などを採用。トップグレードの「56i」と「RTi」にはZC型エンジンを搭載。
  • 1988年8月3日 小変更。AT車にシフトロックシステムを装備、車内用バックブザーが付いた。4WDにLowホールド付き4速ATとINTRAC(4WD+ABS)が設定された。
  • 1989年9月21日 マイナーチェンジ(「53U」追加、「RTX」系を1.5L→1.6Lに)。
  • 1990年9月 小変更(「RTi・リミテッドエディション」追加、「55X」「RTX」廃止)。
  • 1992年11月 小変更(安全性能向上)。
  • 1993年9月 グレード整理(「53U」「56i」「RTXエクストラ」廃止)。
  • 1994年7月8日 「RTi」をベースにRV風の装備を追加して価格を引き下げた「ビーグル」が発売される。なお、「ビーグル」の標準装備品にリアフォグランプがあるが、このモデル以外に日本国内で発売されたホンダ車に標準装着された例がない。
  • 1996年2月21日 6代目“ミラクルシビック”のワゴン版であるオルティア(シビックプロはパートナー)に引き継ぐ形で生産を終了した。
  • シャトル以外のシビック(3ドア&4ドアセダン)は1991年9月と1995年9月にモデルチェンジを受けたが、シャトルだけモデルチェンジを受けず、そのまま継続生産された。
参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ