×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

三菱:カリスマ中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  カリスマ中古車総合情報

 三菱:カリスマの概要♪



カリスマ(Carisma)は、三菱自動車工業・ボルボ・オランダ政府の合弁(当時)によるネッドカーで製造され、三菱自動車工業が輸入していた乗用車。

欧州市場向けミニバン、スペーススターとボルボの40シリーズ(S40・V40)とはプラットホームを共有している。日本仕様はFF4ドアセダンのみだが、欧州仕様はハッチバックも設定された。 エンジンは日本仕様は1.8リットルのみだったが、欧州仕様はルノー製のディーゼルエンジンも設定された。日本での取扱はカープラザ店専売だった。かつて、欧州版のランサーエボリューションはカリスマGTの名で販売されていた。

同社のギャランなどのセダンとは異なり、日本仕様のみ5ナンバー枠のボディであったことも特徴のひとつであった。

  • 1996年 - 発売。エンジンは全車1.8LSOHC16バルブ(4G93)。エテルナの後継車である。グレードは「L」、「LX」、「LS」の3バリエーション。LSのみフロントスポイラー、サイドエアダムが標準装備。
  • 1997年 - 一部改良、全車1.8L DOHC16バルブGDIエンジン(4G93)に差し替え。シート生地の変更やフロントグリルがボディ同色のものに変更され、グレードは「LX」、「LS」の2バリエーションに縮小される。
  • 2000年 - 日本国内の輸入中止。後継車は、ギャランの姉妹車、アスパイアである。
  • 2001年 - マイナーチェンジを行うが、マイナーチェンジ後も日本には輸入されなかった。
  • 2005年 - 生産中止
参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ