×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

三菱:グランディス中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  グランディス中古車総合情報

 三菱:グランディスの概要♪



  • シャリオグランディスの後継車として、エクステリアやインテリアなどには日本独特の美をイメージさせる曲線が多く用いられ、従来の日本車のデザインのイメージを覆した。デザイン開発の総指揮にはマイバッハやスバルの2代目レガシィのデザイン開発に携わった同社のデザイン本部長(当時)であるオリビエ・ブーレイ(Olivier Boulay)が参加した。なお、この車の一部はコルトおよび6代目ランサー(中期型)のデザインのモチーフとなっている。

    2003年に発表された、ダイムラー・クライスラーと共同開発した燃料電池自動車はグランディスがベースだった。F-Cellの技術を取り入れ、バラード・パワー・システムズ製燃料電池と最高出力65kWのモーターを搭載した。しかし車両重量が2トンに及び、また水素ボンベの関係でサードシートをなくし乗車定員は5人に減少。経済産業省主導の水素燃料電池実証プロジェクト(JHFC)にも参加したが後に撤退した。

    個性的なエクステリア・インテリアやデザイン以外の目立った特長が見られなかった為か、日本では厳しい販売状況となってしまった。末期には月販わずか30数台という惨憺たる状況であった。しかし、欧州やタイでは権威ある賞を受賞したり、販売が好調など意外に人気がある。また、ベストモータリングのミニバンでサーキットを走る企画ではホンダ・オデッセイとは僅差で優勝した。

  • 2003年5月14日 - 品川に完成した新社屋のホールにて発表。
  • 2003年5月17日 発売開始
  • 2003年5月17日-5月18日 - 三菱自動車の新社屋と全国のディーラーにて、手塚プロダクションと共同企画の「アトム・チャリティー」を開催したチャリティーでの寄付金総額は15,054,000円になった。
  • 2004年5月25日 - 一部改良を実施、同時に欧州仕様のボディ剛性強化と専用サスペンションを搭載したSport-Eを追加。
  • 2005年5月24日 - インテリアやエクステリアデザイン、装備、メカニズム、グレード名などの見直しをした大規模なマイナーチェンジを実施。4WDは車内のスイッチでFF(前輪駆動)/4WD-AUTO(四輪駆動)/4WD-LOCK(四輪駆動センターデフロック)の切り替えが可能なアウトランダー、デリカD:5、ギャランフォルティスなどと同じ4WDシステムとなる。SUV風モデルのSPORT GEAR(スポーツギア)を追加。
  • 2007年7月4日 - 一部改良。
  • 2009年3月 - 日本市場での販売を終了。
参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ