×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

三菱:トッポ BJ中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  トッポ BJ中古車総合情報

 三菱:トッポ BJの概要♪


H42/47型・1998年 - 2004年

ミニカシリーズから独立したモデルとなり、競合車種となるスズキ・ワゴンR、ダイハツ・ムーヴ、ホンダ・ライフに対抗する為、これらを意識した軽トールワゴンとなった

ボディは5ドアのみで5ナンバーの乗用と4ナンバーの商用の2タイプ。バックドアは右に開き、前期型と中期型では一部のグレードにリアガラスハッチが装備されたグレードも存在する。

先代のミニカトッポ同様、室内のフロア高と全席の座面高が元となったミニカと全く同じで、室内高のみが高い設定 。

ミニカに代わるメイン車種としてターボ付きグレード「R」もラインナップされた。

また、パジェロジュニアやタウンボックスワイド同様に排気量1100ccの直列4気筒エンジン(4A31型SOHC16バルブ)を搭載し車幅を広げた小型乗用車登録のトッポBJワイドも登場。

1998年10月
ミニカトッポの後継モデルとして発表。
1999年11月
最初のマイナーチェンジ。「R」グレードはホイールが13インチから14インチに変更。「Z」グレード(「R」グレードのノンターボ仕様。ただしタコメーターは無し)および「M」グレードを基本とし、4気筒SOHC16バルブターボを搭載する「M-T」グレードを新規追加。これに伴い最廉価グレードの「S」のATを4速から3速に変更。「X」グレードが廃止。
2000年11月
「S」グレードをベースとした特別仕様車「グッピー」、「グッピー・リミテッド」を発表。ベースとなった「S」グレードに対し、丸型2灯式ヘッドランプを用いた専用のフロントグリルやオーディオ、トリップメーター付液晶オドメーター、リアプライバシーガラス等を装備。
2001年1月
大規模なフェイスリフト(「グッピー」、「グッピー・リミテッド」は除く)。ボディ前後の意匠変更。コラムシフト及びベンチシートの追加。
2001年10月
一部改良。3G83型エンジン搭載車がこれまでのMVV仕様(リーンバーン)から通常仕様(ストイキオバーン)に変更となる。
2002年9月
一部改良。排ガス規制やグリーン税制などの強化に伴い4A30型エンジン搭載車が全て廃止、以後3G83型エンジン搭載車のみのラインナップとなる。
2004年5月
生産終了。これにより、三菱から2008年9月にトッポとしてボディの一部及びインパネ、収納を中心とした大幅な内装のを変更して復活されるまで車高1550mmを超える軽トールワゴンのラインナップが消滅した。軽トールワゴン全盛の中で異例の生産中止であった。
参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ