×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

三菱:アウトランダー中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  アウトランダー中古車総合情報

 三菱:アウトランダーの概要♪



2005年10月17日、日本国内で発売開始。北米仕様は2006年4月のニューヨーク国際オートショーで発表。新開発の3.0L V6MIVECエンジンに6速ATを組み合わせたモデル(こちらはFFと4WDの2つの駆動方式を選べる)。2007年秋に日本にも導入される。

欧州仕様は2006年9月のパリサロンにコンセプトモデルを出展。欧州向けコルトやL200と同様に、富士山型のフロントグリル(いわゆるブーレイ顔)を採用する点が日本仕様や北米仕様とは異なる。コンセプトモデルではフォルクスワーゲン製2.0Lディーゼルエンジン+6速MTが搭載されていたが、市販モデルでは2.4Lと3.0L V6ガソリンも用意される。

2006年10月24日に一部改良。

2007年7月から、フランスのPSAへOEM供給し、プジョー・4007及びシトロエン・Cクロッサーとして欧州で発売開始。エンジンは、三菱製2.4Lガソリンと、PSA&フォード製2.2L DW12 TED4 コモンレールディーゼルが用意される。組立は水島製作所。(現在は名古屋製作所)

2007年10月17日、3.0L V6 (6B31) のMIVEC SOHC24バルブ・アルミブロックエンジンとスポーツモード付き6速ATを搭載した新グレード「30G」「30MS」を追加。既存グレードについてもマイナーチェンジを実施。

2008年5月28日、「ROADEST(ローデスト)」を追加

2008年8月28日 、一部改良。「24M」「24G」「RODEST 24G」に2WDモデルを追加。また、「24MS」と「30MS」は7人乗りのみの設定とした。エクステリアに関しては「RODEST 24G」を除く2.4Lモデルについてはドア下部のサイドガーニッシュが大型化された。いっぽう3L・V6エンジン搭載の「30M」と「30G」にはサイドウインドウの周囲やテールゲートの一部にクローム加飾を施して質感を向上させた。

2009年2月4日、「24MS」をベースに、装備を厳選しながらCDプレイヤーを標準装備した廉価2WDグレード「24E」を追加。

2009年4月9日、「24E」と「24MS」、「24G」の2WD車の燃費を向上。これにより、「平成22年度燃費基準+15%」を達成。環境対応車普及促進税制の対象車となった。

2009年4月、ニューヨーク国際オートショーにて「アウトランダーGT」のプロトタイプを公開。フロントセクションをランサーエボリューションX同様の「ジェットファイター・グリル」としている。

参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ