×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダイハツ:アトレー7中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  アトレー7中古車総合情報

 ダイハツ:アトレー7の概要♪



第33回東京モーターショーにAT-7の名で参考出品された後、2000年7月に発表された。

セミキャブオーバー型の軽ワゴンであるアトレーワゴンをベースとし、リアオーバーハングの延長でサードシートのスペースを確保、定員7名(ファースト2名+セカンド3名+サード2名)を可能とした。大型バンパーやエアロパーツ状のサイドモールの装備もあり、アトレーワゴン比で、全長で370 mm 、全幅で 40 mm 大型化している。

エンジンも車格にあわせ、直列4気筒 1.3 L の K3-VE 型となった。アトレーワゴンとの重量差は 130 ~ 250 kg であるが、排気量を拡大した自然吸気エンジンにより、全域で扱いやすくなっている。

同年10月には、トヨタ自動車にスパーキーの名でOEM供給を開始した。また、サードシートを廃した5名乗車+荷室の構成で商用登録とした、ハイゼットグランカーゴも発表された。

小型な割に収容力があるため当初それなりの販売実績をあげたものの、基本的には軽商用車のオーバーハング延長のみで仕立てられたボディ構造だけに、車内幅員やレッグスペースなどの居住性、操縦性などは改善にも限界があり、小型7人乗りミニバン市場の人気の中心が軽1BOX派生からコンパクトカーの派生型へ移行するにつれ販売が低迷、国内向けは2004年にハイゼットグランカーゴと共に生産中止となった。

アトレー7は日本国外市場をもターゲットにしており、エクストールの名称で輸出されていた。左ハンドルで5人乗りまたは7人乗り仕様、バンの2人乗り仕様が存在する。

  • 2000年7月7日 - 発表・発売
  • 2001年7月 - 一部改良
  • 2002年6月 - マイナーチェンジ。エンジン及び走行性能の向上、ロールーフ仕様の追加
  • 2004年11月 - 生産中止。これにより、2008年12月のブーンルミナスの発表まで、約4年間、ダイハツの国内向けラインナップからミニバンが消滅することとなる。
参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ