×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダイハツ:テリオス中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  テリオス中古車総合情報

 ダイハツ:テリオスの概要♪



テリオスはダイハツ工業が製造していたSUVである。日本国内では1997年から2005年まで販売されていた。現在「テリオス」の名称はビーゴの輸出用に充てられている。

この車はトヨタ自動車にOEM供給されているトヨタ・キャミのベースとなっている。また、リアオーバーハングを短縮した軽自動車版のテリオスキッドも存在する。

車格や構成は異なるが、販売上はラガーおよびロッキーの顧客層の受け皿ともなっている。

「テリオスキッド」と車体の多くが共通であることから、全幅が1,555mm(荷室を除く室内寸法もテリオスキッドとほぼ同じ)とコンパクトであるが、リアオーバーハングの延長により、小型車にふさわしい荷室容積を確保している。

コンパクトカーでは数少ない縦置きエンジンであるが、これには、オフロードや深い雪の抵抗などの負荷を考慮した、比較的容量の大きなトランスミッションとトランスファーを、無理なくレイアウトする目的がある。

駆動方式は4WD、およびFR、エンジンは排気量1.3Lの自然吸気仕様(HC-EJ型、後にK3-VE型)、およびターボ仕様(2002年より)が用意されていた。

給油口はラガーおよびロッキーと同様、右側となっている。

  • 1997年4月 - 登場(型式J100G)。登場時のキャッチフレーズは「Virgin 4WD(ヴァージン・ヨンク)」
  • 1998年9月 - 一部改良。衝突安全ボディーTAF(タフ)が採用される。
  • 1999年4月 - エアロカスタムIIが追加。
  • 2000年5月 - マイナーチェンジを実施。駆動方式にFRが追加、エンジンはHC型からK3型に変更される(型式4WD:J102G、2WD:J122G)。
  • 2002年1月 - 一部改良。ターボ搭載モデルが追加された。
  • 2003年8月 - 一部改良。
  • 2005年12月 - 国内向けの生産終了。それと同時に公式サイトのカーラインナップから姿を消した。
参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ