×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダイハツ:ソニカ中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  ソニカ中古車総合情報

 ダイハツ:ソニカの概要♪


初代(2006年-2009年)

2005年の東京モーターショーで発表された「SKツアラー」をベースとしている。

ローロングフォルム(全高1,470mm、軸距2,440mm)であり、全車にターボエンジンを採用し、フロントとリヤにスタビライザーを装備するなど、走りにこだわった軽自動車である。新開発のインプットリダクション式3軸ギヤトレーン(CVT)で低燃費も実現し、スーパーインテリジェント触媒の採用で排気ガスをクリーンにしている。また、全グレードにキーフリーシステムを採用するなど、スペシャリティ軽カーに位置づけられている。

しかし人気は発売から間もなくして急落し、販売台数が終始伸び悩んだため、2009年に生産販売終了。発売から3年待たずして生産終了となった自動車はきわめて稀である。

エンジンは全車直列3気筒KF-DET型ターボエンジンが搭載され(歴代車で最初の採用)、トランスミッションは全車CVTが用いられる。同ターボエンジンは、同車で初めて採用された。駆動方式はFFと4WD(スタンバイ式)が用意される。

型式はFFはL405S、4WDはL415S。

2006年6月19日
初代ソニカ発売。グレード構成は廉価グレードからR、RS、RSリミテッド(FF・4WDとも)。またRSリミテッドのFFモデルでは、レーダークルーズコントロールをメーカーオプションとしている。
2007年1月17日
第17回省エネ大賞の「資源エネルギー庁長官賞」を受賞。
2007年8月20日
一部改良。主な変更点はメッキフロントグリルの採用、バンパー下部(全車)およびサイドストーンガード(RS、RSリミテッドのみ)のボディ同色化、シート表皮変更、内装色変更など。装備面では、Rに14インチアルミホイール、RSリミテッドに6スピーカーを標準化。
2009年4月
販売不振と本社工場の生産ラインの集約化を理由に発売からわずか2年10ヶ月で生産・発売終了。ダイハツ工業ホームページへの掲載も終了した。
参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ