×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クライスラー:300C中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  300C中古車総合情報

 クライスラー:300Cの概要♪

300/300C

300は、クライスラーの高級乗用車。クライスラーブランドで販売される「300M」の後継車種である。

2001年のデトロイト・オートショーに50'sスタイルの「ダッジ スーパー 8 HEMI」コンセプトとして出展されたモデルを前身とし、2004年に、「クライスラー 300」として発売された。迫力あるスタイル、日欧の競合車と比較して安価だったことなどから大変な人気モデルとなり、旧ダイムラークライスラー、クライスラー部門の業績回復に貢献した。2006年のガソリン価格高騰によるトレンドの変化以降の販売は低調である。

デザインはジープ&トラックデザインの副社長、ラルフ・ジルによって行われた。リアに300Mの意匠の名残を見ることができる。また、1998年にデトロイトオートショーで発表されたクライスラーのコンセプトカー「クロノス」のグリルデザインが生かされている。プラットフォームは「クライスラーLXプラットフォーム」と呼ばれるもので、メルセデス・ベンツ Eクラス(W210/S210)の構成部品が、リアサスペンションやトランスミッションなどに流用されている。後輪駆動を基本とし、トップグレードの300CにはV8「HEMIエンジン」が搭載される。

当初のグレードは、2.7リッターV6OHCエンジン(190馬力)の“ベースグレード”、3.5リッターV6OHCエンジン(250馬力)の“ツーリンググレード”、そして5.8リッターV8OHV「HEMI」エンジン(340馬力)を搭載する“300C”、の3種類であり、いずれもセダンであった。2005年2月、専用バンパーと20インチホイールを装備し、6.1リッターV8OHV「HEMI」エンジン(425馬力)を搭載した“SRT-8”が追加された。HEMIエンジンは、気筒休止機構(8気筒→4気筒)を採用しているため、6リッター前後の大排気量車の割には燃費がよく、2005年以降のガソリン価格高騰時にもそこそこの売り上げを見せた。

2005年には「北米カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞、また「カナダディアン・カー・オブ・ザ・イヤー(新型高級車部門)」に選出されている。

2004年、プラットフォームを共用するワゴン車である「ダッジ・マグナム」がアメリカで発売されたが、アメリカ以外の幾つかの市場においては、このモデルのバッジエンジニアリングにより「300のステーションワゴン」として販売されることになった。セダンでのラグジュアリースポーツのイメージを損なわないよう北米では発売されず、国外ではマグナムより高価格設定の300シリーズとする方が収益性が良いため、欧州、アジア、オセアニアのみの輸出専用モデルとなったものとされる。クライスラーは2007年11月1日、ダッジ・マグナムを2008年中に廃止することを発表した。

ちなみに、米国市場では自分のクルマを埋葬してマグナムをもらおう、というキャンペーンが行われた。




日本での販売

セダンの3グレード、ワゴンの2グレードが、クライスラー日本(当時はダイムラークライスラー日本)により正規販売されている。それらの呼称には、アメリカ本国での本来の名称との間に紛らわしい差異が生じており、注意を要する。

  • V8モデルのグレード名である「C」を併せた「300C」が、日本での車名となっている。本来の車名は、「300」である。
  • V6モデルのグレード名である「ツーリング」が、日本ではワゴンモデルの呼称として使用されている。本来の「クライスラー300・ツーリング」は、セダンである。

なお、日本で販売されている「300C」の大部分と「300Cツーリング」は、オーストリア・グラーツにて製造・輸出されている。

導入当初は左ハンドル車のみだったが、2005年10月14日に右ハンドル車が導入された(セダンのV8 5.7モデルのみ左・右のいずれかのハンドルが選択可能・セダンのV6 3.5及びSRT8並びにツーリング全モデルは右ハンドル専用となる)。

参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ