×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フォード:フィエスタ中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  フィエスタ中古車総合情報

 フォード:フィエスタの概要♪


初代(1976年-1989年)

1976年、ヨーロッパで成長著しかった小型ハッチバック車市場に向けて発売された。開発にあたり、ベースエンジンとなったのは1959年に開発されたイギリスフォードの「ケントエンジン」である。それを大幅に改良されたOHV1.0/1.1リットルエンジンを横置きに搭載し、駆動方式はFFであった。3ドアのボディは、フォードが傘下に収めていたイタリアのデザイン開発会社、「カロッツェリア・ギア」が設計に協力したとされる。

1977年には1.3リットルモデルが追加され、同じ時期にヨーロッパだけでなく、日本でもフォード・レーザーが登場する1982年まで輸入されていたほか、法規に沿った変更を受け、北米でも販売された。

1983年にフェイスリフトを伴うマイナーチェンジでMK 2となる。これにより車両外観の印象は大きく変化した。


2代目(1989年-2002年)

1989年のフルモデルチェンジで新世代のMK 3となり、5ドアモデルも設定された。1995年にMK 4、1999年にMK 5となるフェイスリフトを実施し、外観の意匠が変化する。他にも様々な改良を重ねてきたが、この期間のモデルはマツダとの提携関係上、日本市場には導入されなかった(但しヨーロッパでは、オートザム・レビューの後継モデルとしてマツダから「121」の名でも販売された)。その一方で、「Ka」や「プーマ」の原型ともなった。



3代目(2002年-)

2002年にフルモデルチェンジ実施。マツダとのコンパクトカー向けプラットフォーム統合の流れから、このモデルよりマツダ・DYプラットフォーム(フォードでは「B3プラットフォーム」)が採用され、「マツダ・デミオ」とは兄弟車にあたる。

操縦性/動力性能から人間工学面に基づいた快適性追求の成果は、上級車のフォード・フォーカス譲りのもの。

2004年に1.6リットル5ドアの「GLX」と「ギア」の2モデルが日本に輸入され、2005年には2リットル、3ドアの高性能仕様 (ホットハッチ)「ST」が追加された。

参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ