×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

リンカーン:ナビゲーター中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  ナビゲーター中古車総合情報

 リンカーン:ナビゲーターの概要♪


第1世代
  • 1998年デビューで、基本装備は高級SUVと言う事でフル装備。エアバッグは運転席のみ標準。助手席はオプション(OP)で、ABS,4WD,3列シートにオートドライブ、シートヒーター、本革シートが付く。ただし、サンルーフはOPで、キセノンヘッドライト(ディスチャージ)はついていない。
  • 車体諸元                 
    • エンジン V型8気筒 SOHC2バルブ    
    • 排気量 5400cc           
    • 出力  172KW(230PS)   
    • トルク 441NM        
    • タイヤ 245/75R16S  
    • 燃料タンク容量114リットル    使用燃料 レギュラーガソリン仕様
    • 全長5202mm 全幅2029mm 全高1911mm 車両総重量2533kg
    • ホイールベース3023mm
    • トレッド・フロント1661mm リア1665mm
  • インパネやダッシュボードやセンターコンソールは曲面で構成されており、この年代の多くの米国製SUV同様、デザインは流麗だが、クオリティも同様のレベル。ステアリングは各種スイッチ付1本スポークで上下に付くウッドとレザーのコンビハンドル。ステレオはCD付となっているが、日本国内向け車両は各車、日本製の社外オーディオ各種(CD、MD、HDDナビ)となっている。
  • シートはサードシート取り外し可能となっている。2列めはキャプテンシート仕様の場合中央に大きな曲面のセンターコンソールが付き2人掛けとなり、ベンチ仕様だと3人掛けである。なお運転席及び助手席の後部ポケットは、フタ付の仕様と網の仕様がある。1列目のセンターコンソール後部にエアコン、オーディオのスイッチがあり、2列目で操作可能でイヤホンも接続可能。シートそのものはアメリカンラグジュアリーのソファータイプでボリューム感もあり、ゆったり走るには良い感じでシートヒーター付。体格の良い人が過走行したり、荒く扱われた車両では、特に革のシワ、スレ、傷みやヘタリが出ているので、走行距離と比較して注意が必要である。
  • ハンドルは左のみの仕様で、トランスミッションは4速コラムオートマチック(AT)。ホイールは純正アルミ5本スポークの17インチとなっている。バックドアは狭い所でも小荷物の出し入れができるように、窓のみの開閉もできる。
  • V8エンジンは縦置きフロントに搭載したマルチインジェクション方式でフルタイム四輪駆動となる。サスペンションは前後ともスタビライザー付で、フロントがトーションバースプリング、リアが固定軸エアスプリング方式となる。ブレーキ型式はサーボアシスト付のフロントがベンチレーティッドディスクでリアはディスク。
  • 1999年には、小マイナーチェンジでV8DOHCエンジンとなり、300psに出力アップし、純正アルミが6本スポークの他仕様変更されている。
  • 車体諸元
    • エンジン V8 DOHC4バルブ
    • 排気量 5400cc
    • 出力  224KW(304PS)500rpm
    • トルク 269NM(50.4kg)3750rpm
    • 燃費  街乗り/リッター約3〜4.5km:高速/リッター約5km〜6km

第2世代
  • 2003年に第2世代となる。外装はライト、グリル、ドアミラー等が大型化され、見た目もさらに迫力が増した印象で、高級感と共に押し出しも高まった。前後バンパーやボンネット、フェンダー、バックドア、テール等、他に大がかりな変更となった。
  • 内装もインパネやダッシュボード、センターコンソール、ドア内張りやシート等、大幅にデザインが直線基調に変更された。センターコンソールの前後及びドリンクホルダー部分がシルバー塗装された。
  • ステアリングは各種スイッチ付4本スポークで上部のみウッド付のコンビハンドルとなり、高級感が高まった。メーターはトヨタ・セルシオと同様の自発光式で木目も増え内装のクオリティが高まり良くなった。
  • シートも曲面ソファー風から欧州車風な直線基調に変わり、エアシートが採用された。3列目はパワーサードシートでバックドアもパワーゲート付。しかし運転席、助手席のシートバックポケットのフタは省略された。
  • センターコンソールにはオーディオ部分にエンブレム付のシルバー塗装の蓋が付いた。トランスミッションは4速フロアATとなり、ガングリップタイプでブーツ付のスポーティな仕様に大幅に変更された。純正アルミは8本スポーク。国内ではアルティメットというグレードが多数流通している。
  • 2004年に電子制御のロールスタビリティコントロール付となった。
  • 2005年にMCとなり、外装はフロントバンパーに、フォグランプが丸から角になり、ドアパネルもスッキリしたデザインとなって、他仕様変更された。エンジンはV8、5.4リッターSOHC3バルブに変更されて、トランスミッションがZF製の6速ATに進化した。
  • 内装もATシフトレバーがT字型になりブーツはなくなった。本国では音響起動型DVDによるナビシステムや、THXのオーディオシステム、後部席用DVDモニターも追加装備された。
  • 日本国内に流通している色は、外装黒/内装ベージュが多く、次に外装黒/内装グレー革や外装白/内装ベージュで、他にもゴールド/ベージュや黒/黒革等、他の色も存在する。なおバンパー下部とサイドステップ部はグレーとなるが、カラード化された同色仕様もある。この年式のグレードはアルティメイトリミテッドが多い。

第3世代
  • 2006年2月に発表された。外装はフロント回りをはじめ大幅にデザインが変更された。
  • 内装も変更され一新された。ドア内張りには全面にライトウッドパネルが貼られ、ダッシュボードもさらに直線的なデザインとなり、時計まで四角になった。
  • 3列シートのパワーゲートが頭上の左アームからサイドアームに転換した。
  • オーディオも本国仕様では、ウーファー付きの6連CDチェンジャー付き14スピーカー付き。アルミはメッキの14本スポークとなった。
  • トランスミッションは6速フロアオートマチックで、シフトレバーはショートタイプのガングリップとなった。エンジンは従来と同じ5.4リッターV8SOHC3バルブ
  • 車体色は黒、ダークアメジスト、ダークブルーパール、アロイ(グレー)、ヴィヴィッドレッド、ライトフレンチシルク(パール白)、シルバーチ(銀)ホワイトチョコレート(白)で、内装色はチャコールブラック(黒革)、ストーン(グレー)、キャメル(ベージュ)の設定となっている。
  • 車体寸法
    • 全長 5293mm
    • 全幅 2024mm
    • 全高 1989mm
参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ