×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ロータス:エキシージ中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  エキシージ中古車総合情報

 ロータス:エキシージの概要♪


ロータス・エリーゼのクーペである。2000年〜2001年にイギリスを中心として開催された、エリーゼによるワンメイクレースである、autobytel championship用に開発されたスポーツエリーゼがベースとなっている。

スポーツエリーゼとエリーゼとの違いは、フロントとリアのトレッドを拡大し、タイヤはインチアップされ、ブレーキ・サスペンションは専用品、カウルはカーボン化され、クローズドボディ化されており、外見は通常のエリーゼよりもかなりアグレッシブに変わっている。 エンジンもK-シリーズのハイチューン版(206HP)とされており、トランスミッションはクワイフ製の5速ストレートカットギア、同じくクワイフ製のLSDも装備している。室内にはロールケージが張られ、キルスイッチや消火器のスイッチ、メーターはデータロガー付のスタックST8100に変更されている。

スポーツエリーゼは完全なレースカーであり、市販はしないとコメントされていたが、ファンの熱烈なラブコールに応える形として、突然スポーツエリーゼの市販モデルであるエキシージ(MK-1)が2000年に発表された。ロードリーガルのため、チンスポイラーの小型化や、後部視界を得るためにリアに変更を受けたが、スタイルはほぼスポーツエリーゼのそれである。MK-1は、647台が限定の形で生産された。ちなみに、スポーツエリーゼ、エキシージ(MK-1)ともにロータスカーズとは別会社である、ロータス・スポーツ社(かつてのF1チームである)によって別ラインで生産された。

エリーゼは2001年にMK-2が発売された(但し動力性能的には退化している面があるとされる)。2004年にエキシージもMK-2が発表された。しかし、変化は外見的なものが中心で、トレッドやエンジンには特に手が入れられておらず、MK-1と比べるとスペシャル度には乏しい。

しかしながら、2004年以降のMK-2はTOYOTA社製の最高出力141kW、最大トルク181NmのVVTL-I(Variable Valve Timing with Lift - intelligent 連続可変バルブタイミング機構)の1.8Lエンジンを搭載し、信頼性面においては一定の評価を得た。

そして、2006年初頭にはVVTL-Iエンジンにスーパーチャージャーを導入したExige-Sを発表。スーパーチャージャーの追加により、最高出力163kW(221PS)/7800rpm、最大トルク215Nm/5500rpm(ただし2000rpm超で、その80%を発生)となる。この仕様変更により、MK-2に変更された時に巻き起こった『重量増による動力性能の劣化』というマイナスファクターを一蹴するきっかけをえた。

Exige-Sの基本動力性能は、車両重量935kgという超軽量車体に組み合わされ、0-100km/h加速に要するタイムは4.3秒、0-160km/h加速は9.98秒であり、最高速は160mph(≒256km/h)とアナウンスされている。この数値は、2005年までの量産車としては世界最高レベル(対比較:2006年製ポルシェ・911ターボ 911GT3で0-100km/hが3.9秒。フェラーリ・F430で同4秒)にあり、コーナリングを含めた動力性能においては量産車世界No.1といえる。

Exige-Sの日本におけるデリバリーは2006年5月に開始された。

参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ