×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プジョー:307中古車情報!カタログ・在庫


中古車情報

中古車在庫情報・カタログ情報や最新ニュース、オーナーの口コミなど♪
 ⇒  307中古車総合情報

 プジョー:307の概要♪



乗用車306の後継であり、安全性の確保等の理由によってボディは大型化されたファミリー向けの車種であった。最終的には、ハッチバックの307フェリーヌ、3列7人乗りミニバンの307SW、クーペカブリオレ(電動格納屋根のオープンカー)の307CCの3種類が存在した。

エンジンは1.6Lと2.0Lが搭載されたが、CCは2.0Lのみとなる。CC及びフェリーヌにはチューンアップした2.0Lエンジンを搭載したSportというグレードが存在した。いずれもマニュアル設定のみであるが、ccではハンドルが左右選べる設定となっていた。SWには日産・ラフェスタのようなパノラミックガラスルーフが装備されており、2列目以降のシートは1席単位で取り外しが可能であった。一時ラインナップされていた307ブレークはSWと同じボディであるが、こちらは2列5人乗りのステーションワゴンでパノラミックガラスルーフの設定がなかった。

  • 2001年春 - 欧州で発売
  • 2001年9月 - 日本で3ドア/5ドアハッチバックを発売
  • 2002年10月 - 日本で307ブレーク/SWを発売
  • 2003年10月 - 東京モーターショーでCCを参考出品
  • 2004年 - 世界ラリー選手権に「307WRC(CCベース)」で出場
  • 2004年3月 - 日本で307CC発売開始
  • 2005年6月 - 欧州でマイナーチェンジ。407のような顔つきになる。
  • 2005年10月 - 日本でもマイナーチェンジされる。同時にグレード展開も変更。3ドアハッチバックとブレークが廃止され、新たにハッチバックにはフェリーヌの名が付いた。
  • 2006年5月 - SWに1.6Lモデルを追加。
  • 2006年10月 - フェリーヌの特別仕様車Oxygoを発売。黒120台、赤50台、青80台の限定計250台。
  • 2008年 - 後継車である308の発売により、307シリーズは販売は終了した。
参照 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


相互リンク相互リンク募集お問い合わせ